忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]家族の病気抗がん剤

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

抗がん剤

本日、オトンのカテーテルによる抗がん剤注入終了しました。

先週の金曜日に気胸の管も取れ、その傷の根も乾かぬうちに
どんどん次の治療へ進んでいくのは・・・
医者も驚くほど(毎回)オトンが元気だから・・・。

黄疸で意識さえも朦朧としていて、もうダメか?と
宣告も受け入れ、奇跡を願いつつ過ごしていますが
毎回・・・ほんまに奇跡が起きてる?って程復活してくれちゃいます(笑)
がんに侵された肝臓以外はほんまどこまでも丈夫にできているらしい。
こんな丈夫に産んでくれた、ばぁちゃんに感謝ですね。

・・・と言っても、完全に復活と言うわけでもなく
次何が起こるか・・・それによってはまたどうなるかわかりません。

食道静脈瘤も怖いし、腹水も黄疸も命取りです。
この先も入院、退院を繰り返すのでしょうが、
毎回、いつも、願うのは1日でも長く生きてほしい。
それだけ。

今回、気胸の手術後熱が38度以上出たオトン・・・
オトンは、生まれて初めて熱が38度以上出たので、
「熱ってこんなにしんどいものなのか・・・お前らの気持ちが始めてわかった」
などとほざいておりました。
それだけ、本当にくも膜下になるまで
風邪ひとつ、病気らしい病気すらしなかったオトンなのです(笑)

とりあえず、今回も副作用が殆どないことを祈りたいと思います。

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E6%8A%97%E3%81%8C%E3%82%93%E5%89%A4
忍者ブログ[PR]