忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME家族の病気の記事
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
先日嬉しいメールが届きました!
更新も滅多にない^^;このブログやHPが誰かの励みや力になれたら何より嬉しいです。
ありがとうございました♪
お返事しようと思っているのですが、パソコンが不安定で・・・しばし・・・。

治療がうまくいき、経過がよくなることを祈っています。

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
6月27日午前4時ころ・・・
誰に看取られることなくなく、オトンが逝きました。

22年前くも膜下になった時の輸血が原因でC型肝炎になり
肝硬変になり
肝細胞がんと診断されて9年でした。

沈黙の臓器とはよく言ったもので、本当に痛みはなかったようで
転移がなかったのも幸いして
最期の顔も苦しんだ様子はありませんでした。

看取れなかったのは家族みんな悲しかったですが
苦しまなかったよね?それだけが家族にとって救いです。

通常は家に帰って1日おいてから通夜になるのでしょうが
うちはその日に通夜、翌日告別式と初七日という形をとったので
本当に嵐のような2日間でした。

こんなに長く苦しんだのに、最期はあっという間で・・・
これでよかったの?という気持ちはみんなもってましたが・・・。


これまで
オトンにとっても
家族にとっても
本当に長い長い闘いでした。

オトン・・・お疲れ様でした。
極楽浄土への道のりは遠いようですががんばれ~!

オトンがそこへ到着するころには家族の悲しみもほんの少し軽くなっていると思います。

「京都タワー」の続きもいつかまた書こうと思います・・・

拍手



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
本日、オトンのカテーテルによる抗がん剤注入終了しました。

先週の金曜日に気胸の管も取れ、その傷の根も乾かぬうちに
どんどん次の治療へ進んでいくのは・・・
医者も驚くほど(毎回)オトンが元気だから・・・。

黄疸で意識さえも朦朧としていて、もうダメか?と
宣告も受け入れ、奇跡を願いつつ過ごしていますが
毎回・・・ほんまに奇跡が起きてる?って程復活してくれちゃいます(笑)
がんに侵された肝臓以外はほんまどこまでも丈夫にできているらしい。
こんな丈夫に産んでくれた、ばぁちゃんに感謝ですね。

・・・と言っても、完全に復活と言うわけでもなく
次何が起こるか・・・それによってはまたどうなるかわかりません。

食道静脈瘤も怖いし、腹水も黄疸も命取りです。
この先も入院、退院を繰り返すのでしょうが、
毎回、いつも、願うのは1日でも長く生きてほしい。
それだけ。

今回、気胸の手術後熱が38度以上出たオトン・・・
オトンは、生まれて初めて熱が38度以上出たので、
「熱ってこんなにしんどいものなのか・・・お前らの気持ちが始めてわかった」
などとほざいておりました。
それだけ、本当にくも膜下になるまで
風邪ひとつ、病気らしい病気すらしなかったオトンなのです(笑)

とりあえず、今回も副作用が殆どないことを祈りたいと思います。

拍手



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
オトンの手術は無事に終わりました~ホッ。

肺の中の一部が癒着を起こしていたらしくのう胞もできていて
部分的に切除されました。

つか・・・オカンは全く術前の医者の話をまともに聞いていないから
癒着があったなんて話、アタシもぜんぜん聞いてませんでした。
頼りないというか・・・
なんというか・・・
まぁ、アタシの手術のときもそうでしたが・・・
適当に話を聞いて、「危険」な話を部分的に頭に入れる・・・と言う
ちょっとアホなタイプです。
いつも説明を聞いても理解できないアタシの質問に
最後は「わからない!」と半ギレで返してくるオカン。

ま、神経質になってイロイロ調べたりしたいタイプのアタシよりも
こうゆうタイプのほうが案外いいのかもしれませんけどね^^;

とりあえず一歩前進。
これでやっと抗がん剤治療に進めるかな~

拍手



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
オトンの肺気胸は、一度ふさがったもののまた開いてしまい
再度入院し、さらに今回はなかなか閉じない・・・
このままだと抗がん剤の治療もできないので
手術する事になりました。

が・・・部分麻酔かと思いきや・・・全身麻酔。
肝硬変の場合、全身麻酔は非常に危険。
だからこれまで、肺に穴を開けるのも部分麻酔でやってきたのに
そんなん大丈夫なのか?オカンも不安だと言ってる。
麻酔から醒めるのにも時間がかかるし、醒めない可能性もある。
全くなんだか納得いかない事ばかりだけどなぁ。


そう言えば・・・落語のカセットテープを買って来てほしいと連絡がありましたが
かなりしんどい時だったので「またにしてくれ」と
冷たく言い放ってしまった
いけませんね・・・後悔

でも、今時カセットテープってどこに行ったら売ってるんやろ・・・
謎である^^;

早くアタシも体調整えないと厳しいです~
とりあえずカルシウムの薬減らすしかしゃあないか・・・。

拍手



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/
忍者ブログ[PR]