忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]心の変化結果論?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

結果論?

友達とか家族とか同じ病気の人に時々聞かれる・・・

「手術して良かった?」

私はまだこれに答えることが出来ない。

「良かった」とも「良くなかった」とも思わない。

同じ病気の人に手術を勧める気も、止める気もさらさらない。
私自身も手術前に同じ病気で手術した人と知り合ったけれど
「手術して良かったですか?」と問いかけた事がない。

ただ・・・その必要性について・・・は考えた時もあるし、いまだに考える時がある。

私は20年この病気と付き合ってきて、「早く」と思った事がなかった。
焦りもなかった。死ぬほどの事はないと思ってた。
「ヤバイ?」と思った事は多々あったけれど、それでも生きてきた。
自分なりに普通に。

けど、手術してから、その「普通」と言う事がいかに幸せな事だったと・・・改めて知った。
今でこそ、その普通に近づきつつあるし、平和だけど、一時はどうなるんだろう・・・
って恐怖心も味わった。
「こんな事なら・・・」って思ったりもした。

そんな私に良かったか?と聞かれても、答えなんか出るはずがない。
過去として扱うにはまだ日が浅い。

ただ言えるなら・・・

声を失う位ならバセのままでいい。
命を失う位なら声を失ってもいい。
生きていけるなら今のままでいい。

人それぞれ天秤にかけるものの重さは違う。
ただ病気が治った=100%幸せっていう方程式はどこにもない。

それが今の私の答え。

「これで良かった」って言える日は、ずっと先かもしれないし、明日かもしれない。

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%8C%96/%E7%B5%90%E6%9E%9C%E8%AB%96%EF%BC%9F
忍者ブログ[PR]