忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]診察(内分泌)2回目+検査結果

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

2回目+検査結果

ここ最近ずーーーーっと雨なんで、涼しくて過ごしやすい。

一瞬雨の止んだすきに病院へ向かった。
途中の道ではぬかるんだ斜面から木が滑って、道路の近くまで落ちてきてた。
帰る時は片側通行止めだった。

2回目の診察日。
2、3日調子がいいのは雨のせいだね。

採血終わって、診察室の前でまたうっつらうっつらしてて、ふと目が覚めた。
時計を見たら10時10分前。
そろそろかなぁ・・・と思ってたら、名前呼ばれた。
ええタイミング!

挨拶して座ると
「どうですか?」
「少し楽になりました」
やっぱり2回目ってこんな感じだよなぁ・・・って感じ。

血液検査の結果表を見せてくれ、
「順調に下がってますね」
「へぇ・・・何か嬉しいもんですね・・・」
この意味は、数字として自分の体が良くなっていくのが見れた事が嬉しかったの。

T3:12.4
T4:3.1
脈拍:98

薬が効いてるというのは嬉しい。

手術の方法は
【亜全摘術】という数gを残してほとんど切る方法になった。
低下症は亢進症より楽だと言われたが、誰がそれを決めるのか?

そして、手術は耳鼻咽喉科で受けるという。
不安。
実は一番聞きたくない言葉だった。

何でかと言うと、私が信頼している専門病院病院のHPでも、
他の専門病院のHPでも、耳鼻咽喉科や、その他の外科による手術は
望ましくない・・・・って書かれてるんですけどぉ。
なのに、よりにもよって、耳鼻咽喉科の先生がするって。

また家に帰ってネット漬けになったのは言うまでもない。

・・・血液検査の表を返そうとすると・・・
「あ、良かったらどうぞ」

え~もらって良いんですかぁ。・・・欲しかったので嬉しかった♪

いろんな意味で
気持ちを切り替えるのに時間がかかる。

手術の後の合併症について調べる。

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E8%A8%BA%E5%AF%9F-%E5%86%85%E5%88%86%E6%B3%8C-/2%E5%9B%9E%E7%9B%AE%EF%BC%8B%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C
忍者ブログ[PR]