忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.05┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]薬害C型肝炎気胸の治療、肝臓の治療、どっち優先・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

気胸の治療、肝臓の治療、どっち優先・・・

オトンの具合は思わしくない。

かなり弱ってます。

現状は、気胸の治療(外科)が優先され、肝臓の治療(消化器内科)には入れていない。

気胸の治療は、直接肺に穴を開けて酸素(空気)を送りながら
しぼんだ肺を膨らませ、同時にもう1本のホースから溜まる水を抜く処置。

そっちは少し落ち着いてるのですが・・・すごいひどい黄疸。

背中にね、シップ貼ってくれって頼まれて・・・パジャマめくって愕然とした。

全身黄色というより黄土色・・・もうね、口では表現できません。
最近ひどくなってるな・・・とは、3ヶ月ほど前から感じてましたが・・・
今、ピークですね・・・。

さらに、その影響が脳にも少し出ている。

時々おかしな事を口走ったり、言っている事がわからない。
ボーッとして、自分のいる場所がわからない、
目が回ると、昨日も言ってた。

ひどい黄疸症状が続くとそうなるらしいのですが・・・

「肝硬変や肝臓がんの場合は、いよいよ肝臓の予備力が失われてから
黄疸がでてくるので、予後不良を意味します」

こんな文章を目にしたけれど・・・。

やっぱりダメだね・・・泣いちゃって。

オトンの前では泣かないけど~

「まだ66歳やのに・・・情けないな~」とか言うんですよ。

オカンに

「迷惑ばっかりかけてごめんな~」とか

「もう家に帰れないのかな~」とか

「すまんな~」とか

「簡易ベット持ってきてそばにいてくれ」とか言うんですよ。

その度、オカンの胸は張り裂けそうになるんです。

しばらく仕事休んで、朝からずっとそばにいてあげたいって言ってます。

辛いね。

とにかく

今回もなんとか持ち直してくれるよう祈るしかない。

頑張れ!おとん!

お願い~神様(-人-)

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E8%96%AC%E5%AE%B3%EF%BD%83%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E/%E6%B0%97%E8%83%B8%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%80%81%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%80%81%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A1%E5%84%AA%E5%85%88%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB
忍者ブログ[PR]