忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.10┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]京都タワー京都タワー/13

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

京都タワー/13

私の病気とはなんら関係ありませんので、興味のない方はスルーでお願いします♪

拍手



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
・・・・

今年も無事に年が明けた。
今年のお墓参りもまた去年と同じように家族みんなの健康を祈った。

その数日後・・・

オトンの様子が一転した。

弱音も気弱なことも一切言わなかったオトンがアタシら子供を呼び出し
まるで遺言のようなことを言い出し
涙ながらに「もうあかんと思う」と言い出した。

この時

これまで普通に「大丈夫やって~」と顔を見て笑って言えてた言葉が
言えなくなった。
オトンの涙を見てこらえられなくなった。
「も~!大丈夫やって~」って言葉も・・・目を見ずに言うのが精一杯だった。


この日のオトンは本当に何かを感じていたのか
病気がそうさせていたのか
家族も・・・何よりオカンも頭がおかしくなりそうなほど子供のように
わがままを言い続けた。

してあげたい気持ちと

できない気持ち

そんな気持ちでいっぱいいっぱいだった。


ただ

こんな事が数日続いたら、オカンもダメになる・・・

そう思った。

そして病院に入れることを決めた。

実際のところ、こうなって・・・・昏睡状態になりそのまま逝くことが多いと
病院に運んでお医者さんにに言われた。


寝ることを拒み、永遠にわけのわからない話をし続け・・・・
大部屋にも入れない状態で個室に入った。

その日もオカンは一睡もできずにいた。
そんな状態が既に数日続いていたのだった。

なんとかオカンを休ませたい気持ちでいっぱいだった。

これまで逝かないで欲しいと思い続けて願い続けたけれど
この時初めて

「もう逝ってくれてもいいかも・・・」と残酷に思った。

そんな自分の思いが・・・何より気持ち悪くて
嫌悪感を覚えた。

だけど

オカンまでなくすようなことがあってはならないのだ・・・・

そう心が叫んでた。



続く
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC-13
忍者ブログ[PR]