忍者ブログ

17歳でバセドウ病と診断され、長い投薬治療から治療中断を経て、あっという間に20年。2006年10月、バセドウ病と良性腫瘍で亜全摘出手術を受け、後遺症と闘っていたら、今度は2008年8月突発性難聴と診断され検査の結果聴神経腫瘍と判明・・・。 病気についての詳しい話や細かい検査結果・写真などはHPに載せています。※カテゴリーの中の術後後遺症に含まれるのは、反回神経麻痺・低カルシウム血症(テタニー)など。~イロイロあるけどお気楽に~

2017.10┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Home Page
【リンクフリーです】List Me!! by BlogPeople
はやくげんきにな~れ ・・・メインサイトです☆
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
・・・ランキングに参加してます☆
Google
HOME[PR]術後後遺症甲状腺と唾石の関係

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ

甲状腺と唾石の関係

甲状腺を切除した人で、副甲状腺が残ってる人は問題ないけど
アタシみたいに、副甲状腺まで一緒になくなった人は
この先一生カルシウムを飲まなくちゃいけない。
また、ほかの病気でも骨粗鬆症の人なんかもそうだと思う。

この唾石症の原因のひとつにこのカルシウム剤の服用がある。

そんなアタシも、初めて唾液腺が腫れたのは3年前だけど
それ以降頻繁になったのはこの数ヶ月の話。
術後3年目を迎えるんやけども、この数年で蓄積され大きくなったのかも
しれないなぁ・・・と思いました。
この先も薬を飲み続けるにあたって、この唾石もまたできる可能性も
無きにしも非ずだな・・・と。
小さければ手で押し出したりできるそうですが・・・こんな風に大きくなったり
また場所によっては、外側の顔のほうから摘出しなくちゃいけない場合もあるし
浅い部分にできれば手術での後遺症も稀だけど、
深い場所にできると、舌の神経を傷つけたり、味覚がわからなくなったりすることも
あると・・・アタシの場合も言われましたから。

おかしいな・・・と思ったら早め早めに病院へ行く・・・ぞ!っと毎回こうなって
気づく事なんですけど・・・注意しないといけないな・・・と。

それから、ある説では、血液中の白血球や、赤血球が多い人も
唾石症になりやすいとも・・・。
それもまた白血球の多いアタシには当てはまりますやん^^;

今後は尿路結石や、腎結石なんかも気をつけないといけないのかしら?

何はともあれ・・・とにかく「変だ」と思ったら病院へれっつらGo!なんですね・・・
すぐに自己診断で「大丈夫大丈夫」は大怪我の元なのか?

ならば・・・ここ最近の低血圧にも何か潜んでいることも?

「ないない」

↑結局学習能力がないない・・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

拍手

PR


■押してもらえるとものすごぉく元気になります☆
ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Counter
Blog Ranking
Thanks


Analysis


Track Word
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 +はやくげんきになぁ~れ+ Some Rights Reserved.
http://basebase.blog.shinobi.jp/%E8%A1%93%E5%BE%8C%E5%BE%8C%E9%81%BA%E7%97%87/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%A8%E5%94%BE%E7%9F%B3%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82
忍者ブログ[PR]